一色眼科
ISSHIKI OPHTHAMIC CENTERhttp://www.isshiki-ganka.or.jp/ 一色眼科
トップページ 光線力学的療法(PDT) 加齢黄斑変性症とは TEL 089-932-1105


光線力学的療法(PDT)
加齢黄斑変性症
検査方法について
加齢黄斑変性症の治療法について
ビスダイン療法について
ビスダイン療法を受ける方へ

加齢黄斑変性症とは
  • 眼の構造と働き
    • 眼に入った光の情報は「角膜(かくまく)」「水晶体(すいしょうたい)」「硝子体(しょうしたい)」を通って「網膜(もうまく)」の上に像を結びます。その情報は「視神経(ししんけい)」を通じて「脳」に伝えられ、最終的に映像として認識されます。
    • 眼の働きはしばしばカメラにたとえられ、水晶体はレンズ、網膜はフィルムの働きをしているといえます。
    • 眼球の基本構造
    • 黄斑(おうはん)、中心窩(ちゅうしんか)とは
      • 黄斑は、網膜の中でも視力をつかさどる重要な細胞が集中している部位で、ものの形、大きさ、色、立体、距離など光の情報の大半を識別しています。この部分に異常が発生すると、視力に低下をきたします。また黄斑の中心部には中心窩という部分があり、その部分に異常があると、視力の低下がさらに深刻になります。
        ビスダイン療法は中心窩に病変のある加齢黄斑変性症の患者さんに行います。

    • 眼底の正面図


  • 加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)
    • 加齢黄斑変性症は、黄斑部の機能が、加齢等の原因によって障害される疾患です。脈絡膜から発生する新生血管(脈絡膜新生血管 みゃくらくまくしんせいけっかん)の有無で「滲出型(しんしゅつがた)」と「萎縮型(いしゅくがた)」に分類されます。
    • 新生血管は非常にもろく破れやすいため、出血を起こしたり、血管中の成分がもれたりして、急激な視力低下の原因となります。
    • 「滲出型(しんしゅつがた)」加齢黄斑変性症
      • 「新生血管型」「ウェットタイプ」とも呼ばれます。脈絡膜新生血管が発生し、出血することにより網膜が障害されて起こるタイプです。進行が速く、急激に視力が低下していきます。
        ビスダイン療法はこのタイプの治療として行われます。

    • 「萎縮型(いしゅくがた)」加齢黄斑変性症
      • 「非滲出型」「ドライタイプ」とも呼ばれます。網膜の細胞が加齢により変性し、老廃物が蓄積して栄養不足に陥ります。その結果、徐々に萎縮していきます。進行が緩やかなため、気づかない人もいます。
        ビスダイン療法はこのタイプの治療としては行えません。
        しかし、時間の経過とともに新生血管が発生し「滲出型」に移行することもありますので、定期的に眼科医で検査を受ける必要があります。

    • 加齢黄斑変性症は米国をはじめとする欧米先進国において、成人(特に50歳以上)の失明原因の第一位であり、国民の注目度も高い眼疾患です。病名が示す通り加齢が原因ですので、年を取れば誰にでも起こりうる病気です。加齢以外の原因が明らかにされていないため、その発症を前もって抑えることができず、現在でもさまざまな治療法が検討されています。日本においても、近年の急激な高齢者人口の増加に伴って患者数が増加しています。患者数は男性のほうが多く、男性では80〜84歳、女性では75〜89歳の患者数が多いと報告されています。また、年齢が高くなるにつれて、両眼に発症する割合が高くなっています。

    • 加齢黄斑変性症における失明とは「社会的失明」と呼ばれます。視野の中心の視力は失われるものの、光を全く感じられなくなるわけではありません。

  • 「滲出型」加齢黄斑変性症の自覚症状
    • 加齢黄斑変性症は網膜の中心部である黄斑部がいたむのが原因です。そのため、ものを見ようとしたときにその中心部が最も影響を受けます。進行とともに下記のような症状が現れます。
      
    • 初期症状:変視症(へんししょう)
       
    ものの中心部分がゆがんで見えます。 正常な見え方
      
    • 進行期の症状:中心暗点(ちゅうしんあんてん)・視力低下
       
    ものの中心部分が欠けて見えます。 正常な見え方
      
    • 自己チェック
      下のような格子状の表を用いて、見え方に異常がないかを確認しましょう。眼科では、アムスラーチャートと呼ばれる同様の表を用いて検査を行っています。
      片目でものを見て異常がないかを確認することも有効です。一方の目が病気になっていても、もう一方の目がおぎなって、異常を感じにくくしていることがあるためです。


      正常な見え方
      加齢黄斑変性症の場合の見え方
トップへ戻る ▲
 
もどる
Contents are copyright(c)2004 Isshiki Ophthalmic Center All rights reserved.